自分の体調は舌でわかります

 

中医学では、患者の体調や体質を見るために、舌診をまず行います。

 

舌で分かるの?と思うかも知れませんが、試しに身近な人の舌を見てください。

 

人によって、まるで違う色・形をしていることに驚くと思います。

 

その人の体の状態がそのまま表れているのが舌で、日によっても舌の見た目は変わってきますので。

 

 

診断方法

 

 

それでは、舌を見て体調を判断するための方法をご案内しますのでチェックしてみて下さい。

 

 

理想の舌の状態は?

理想的なのは、舌がきれいなピンクか淡い赤色をしていて、光沢があり、白いコケがうっすらと付いていて、大き過ぎず小さ過ぎずロの中にすっきり収まってている状態。

 

 

舌が腫れぼったい

舌が腫れぼったくて、縁がギザギザしていて、歯の痕がついているときは、疲れていて、生命エネルギーである気が足りていない気虚の状態です。

 

 

舌の色が薄い場合

舌の色が薄く、厚みも薄っぺらい場合には、体中の栄養分である血が不足した血虚の状態。

 

さらに、舌の表面に割れ目がある場合は、血虚の状態が深刻になって、老化が加速して体の潤いが失われています。

 

更年期にはこのような状態が多くなります。

 

舌の色が紫の場合

色が赤紫に近く、紫色や茶色の斑点があり、舌を持ち上げたときに裏の静脈が紫色に蛇行しているときは、血の巡りが悪いお血の状態。

 

肩凝りや頭痛に悩まされている場合も多いでしょう。

 

 

舌に黄色のコケがついている場合

舌に黄色のコケが付いているのは、暴飲暴食・便秘などで体に熱がこもっているサインです。

 

油っぽいものを食べ過ぎているのかもしれません。

 

 

 

当サイトで紹介している食事やお茶を取り入れつつ、毎日舌をチェックしてみて下さい。