ホルモン力を上げる薬膳料理集

 

更年期というと、女性特有の不調のことだと考える人は多いかもしれません。

 

 

 

でも・・・

 

男性にも同じように更年期があるんです。


 

 

エネルギーに満ちた気力、豊かな毛髪、精力といったいわゆる男らしさを司るホルモン「テストステロン」の分泌は40代後半から低下するといわれており、この頃から男性の老化ははじまります。

 

 

 

 

 

東洋医学の書「黄帝内経」


加齢による不調については、約2000年以上前に書かれた東洋医学の教科書『黄帝内経』に既に詳しく書かれています。

 

誰でも40歳を過ぎると徐々に老化が始まり、さまざまな不調が表れ始めます。

 

 

男性の場合

その記述によれば、男の体は8歳、16歳、24歳と8の倍数の節目で大きな変化を迎えて、32歳が最も心身が充実する時期。

 

 

 

女性の場合

一方、女性の体は7歳、14、21歳と7の倍数の節目で変化を迎え、28歳で最も充実して、35歳を過ぎると容姿に衰えが見え始めて、42歳で心身の不調が起こりやすくなります。

 

 

 

「50歳頃に訪れる閉経という象徴的なサインがある女性と違って男性は更年期を自覚しづらい点でより注意が必要。

 

自覚はなくとも体の中では老化が少しずつ進行していて、症状が起きてからでは対策が後手に回つてしまいます。

 

特に48歳から64歳までは、体カ.気力.生殖の低下が急速に進む時期です」。

 

 

 

俺は大丈夫だ!


 

このような自信過剰な男性ほど油断は禁物なわけです

 

 

加えて、関心を向けるべきは精力減退だけではなく、EDは一つのサインにすぎません。

 

同時進行的に髮や皮膚、視力、筋力、そして内臓機能など全身に老化症状が出ています。

 

 

 

食養生のポイン卜

 

では、どう備えるべきか。

 

東洋医学がその長い歴史のなかで推奨してきたのが「食養生」。

 

つまり、毎日の食事で若さと健康を保つ方法だ。

 

 

毎日の食事の習慣で不調をできるだけ遠ざける!

 

それでも対処できない不調な症状について薬を飲むという考えです。


 

身近な食材が体にどのような作用を及ぼすか、体験と観察よる研究の蓄積が東洋医学の歴史です。

 

胃腸など個別の組織か独立して働くのではなく、「五臓」と呼ばれる5つの働きが互いに影響し合いながら機能を果たすと考えるのだ。

 

五臓とは、肝.心・脾・肺・腎に分類されてそれぞれが全身の生理機能をする「気・血・水」の生成と貯蔵を司る。

 

五臓の働きを働きを活性化して気カに深く閲わる「気」、全身に栄養を運ぶ血液のような役割を果たす「血」、体に必要な水分を与え、循環を促進する「水」という3つのエネルギーのバランスが整ってこそ、健康体は維持される。

 

 

五臓のなかで老化に深く関わるのが腎で、成長や生殖能力、自律神経やホルモンバランスなど、若さやエネルギーを司っています。

 

体カ.気カ.精カの衰えに負けないために、腎を活性化する,補腎の食材を積極的に取りましょう。

 

 

活血

もう一つ、心がけたいのは活血。

 

血の巡りを良くする食材をふんだんに取り入れることで、栄養分を体の隅々にまで行き届かせるのが活血。

 

血の巡りが良くなれば体がぽかぽかと温まり、気力も満ちてくるものです。

 

最近は、男女問わず冷え症状が多く見られますが、血の巡りが悪いと、脂肪の代謝も低下してしまいます。

 

メタボ予防のためにも活血は重要なのです。

 

 

 

よって、本サイトでは補腎と活血を毎日の食卓に取り入れる事を推奨しています。

 

 


 

混ぜるだけ、煮込むだけ、漬け込むだけの簡単レシピで保存も利くから、週末にまとめて作って冷蔵庫で保存しておけば、気軽に食事に取り入れられる。

 

鍋物や冷ややっこの薬味や調味料として、副菜として、自由にアレンジもできるから飽きずに続けられるのも魅力だ。

 

しかし、漢方の食養生は々たまに食べる程度ではほとんど意味がなく、毎日少しずつでも良いので摂取してこそ、効果が期待できます。

薬膳料理の食材リスト

メインの食材

 

体力の衰えを防ぐ
  • ヤマイモ
  • ニラ
  • 黒豆
  • 焼き海苔
  • 黒ごま

 

 

ヤマイモ


山薬ともよばれて滋養強壮の漢方薬に広く使われており、消化酵素の働きで胃腸にも優しいです。

 

 

 

ニラ

 

下半身を温めてパワーを与えると言われている植物で、気の巡りも改善します。

 

タネは強精の給子としても使われてきました。

 

香りの成分のアリシンには抗動脈硬化や発ガン抑制の働きもあります。

 

 

 

血行を良くする
  • にんにく

 

 

にんにく

 


全身の血の巡りを良くして滋養強壮に働いて、抗菌作用に優れて内臓を強くします。

 

漢方薬としては「タイサン」という名称で用いられるが起源は古代エジプト時代にさかのぼります。

薬膳料理メニュー

牡蠣とヤマイモの鍋

 

悩み
他人にはなかなか言いにくいセックスの悩み。

 

漢方の世界ではセックスの回数が減ることよりも減った原因=「腎」の衰えが問題としています。

 

市販の精力剤でも構いませんが、精力アップの食材で選ぶなら「牡蠣」「山芋」がおすすめです。

 

 

 

 

温フレッシュジュースとキノコ&雑穀の炊き込みご飯

 

悩み

慢性的な便秘

 

お通じに悩まされる人は特に女性に多いです。

 

 

更新履歴